黒幕は母だった?宮沢りえが貴乃花と破談後、拒食症で激やせしたワケ

th_スクリーンショット 2017-02-12 1.30.51

愛情がなくなった

会見時、貴乃花のこんな発言から間も無くビッグカップルの婚約は解消。失意の宮沢りえは拒食症になり、スクープされた激やせ姿は痛々しいほどでした。

結果的には破断となったものの、実は貴乃花のとった行動が関係者の間では賞賛されているのです。

そして、時は流れて2014年。「りえママ」こと宮沢りえの母が逝去。拒食症に陥ってしまった彼女を差し置いて、なぜ彼の行動が評価されているのか?

今回はその辺についての裏話を暴露したいと思います。

Sponsored Link

宮沢りえの母、「りえママ」のマネジメント力がすごい

th_スクリーンショット 2017-02-12 1.35.23

宮沢りえが我々の前に現れたのは、CMで演じた清廉な女学生としてでした。以来、数々の番組に出演。

若さゆえの天然さや愛らしさが男性はもとより、同性からも支持され、CM1本が2億円とも言われるほどマルチなタレントへと成長しました。

そんな人気絶頂だったころ…彼女は唐突に「ふんどし一丁」の写真集を発刊します。

この写真集の出版記録は今も破られていないほど、老若男女を問わず買い漁る社会現象に。人気はさらにヒートアップしていったのです。

清純派が挑んだ「ふんどしルック」の写真集は大成功!当時、「りえママ」と称されていた母のマネジメント力にも注目が集まることになります。

そんな中、またも「りえママ」の仕掛けであろうと話題になったのが、角界のプリンス貴花田(のちの貴乃花)との結婚でした。

大相撲でもっとも人気があった元大関・貴乃花の実子であり、将来の角界を背負って立つと言われていた逸材との結婚は「玉の輿」と言って良いものでした。

まさに現代のシンデレラストーリーと称されるほどで、テレビで宮沢りえを見ない日はないほどの“フィーバー”ぶりだったのです。

そんな幸せ絶頂の宮沢りえでしたが…間もなく貴花田(貴乃花)との結婚は取り止めになってしまうのです。

Sponsored Link

宮沢りえの母が介入した?貴乃花との結婚が破談に!

th_スクリーンショット 2017-02-12 1.18.25

貴乃花との会見からわずか2ヶ月。世の中は「若貴フィーバー」に沸き、角界はまさに全盛期の到来を感じさせたその頃…

宮沢りえ・貴乃花の若いカップルが冷や水を被ることになるのです。指を絡めた婚約会見の翌場所。貴花田は大関昇進を決め、父の「貴乃花」を継ぐことになります。

めでたい記者会見のはずが、宮沢りえに関しては一転。「愛情が失せた」と突然の破局会見へと様変わりしたのです。

大関に昇進した貴乃花でしたが、宮沢りえとの関係について「一切やり取りしていない」と表明。その2日後には、宮沢りえが破局を認める事態に…

以降、拒食症による激やせの姿をたびたび見せることになります。

当時は確たる理由が不明のまま時は流れますが、宮沢りえの母が亡くなった後。まるで糸がほつれる様に、周囲の人たちから彼女に「破談の真相」が漏れて来たのです。

 

拒食症で激やせした元フィアンセ…貴乃花の「男気」ある決断とは

最愛の母が亡くなると、宮沢りえの様子が一変。

「拒食症のせいで激やせした」と疑わざるを得ない激やせの写真も掲載されて、もはや昔の宮沢りえじゃないことは一目瞭然でした。

実はこの拒食症…例の貴乃花との破談後、何度か繰り返されたものだったのです。

宮沢りえが結婚すれば相撲部屋のサポートに回らなくてはならないため、その後を心配した母や芸能界の先輩たち。

彼らが彼女の将来を案じて、なんと貴乃花に関係を解消するよう説得していたとのこと。

彼女もまだ若かっただけに、精神面での不安から食事も喉に通らずに激やせしていったことは頷けます。拒食症とは、そんな延長線上の出来事だったんですね。

ちなみに宮沢の母と仲が良かった、美川憲一。彼は後日「母に頼まれてぶち壊した」とまでテレビで話したほどですから、単なる噂話ではなかったみたいです…

よって、あの大関昇進会見における「愛情がなくなった」という貴乃花の言葉は本意ではなかったのでしょう。

宮沢りえに婚約破棄を言い渡したものの、すでに激やせしている彼女を守るため「悪役」になってけじめを付けたとのことです。

後味の善し悪しは別として。男たるもの、一度愛した女との別れが決まれば「泥をかぶる度量が必要」だと言うことを教えてくれた一件でした。

…ただし、今も宮沢りえは「拒食症に苦しんでいる」ように見受けられますが。

克服できる日は果たして来るのでしょうか?

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ