裏でバイト三昧?柳楽優弥、復帰の舞台裏には嫁の豊田エリーと子供が

th_スクリーンショット 2017-06-01 20.29.52

早くにモデルの豊田エリーと結婚した俳優の柳楽優弥

嫁に子供ができた頃には役者を休業して、密かにバイト生活をしていたそう。

今回は国際的な評価を得ていた程の俳優が休業したワケと、当時の彼の状況について調べてみたいと思います!

Sponsored Link

本当に幸せ?柳楽優弥とモデル豊田エリーの結婚

th_スクリーンショット 2017-06-01 20.33.45

柳楽優弥は「やぎら」と言うインパクトを持った珍しい名前の持ち主。ただ名前だけじゃなく個性的な風貌、特に眉毛と目力が印象的な俳優ですよね。

12歳のとき意外にも「周りを笑わせたい」と言う想いから事務所の門をくぐった彼。14歳の頃に最年少でカンヌ映画賞を獲得し、早くもトップ俳優としての頭角を現しました。

ところが18歳のときに心のバランスを崩してしまい、最終的に家族と言い争いになったことが原因で大量の安定剤を服用。しばらく休養を取ることになります。

それでも20歳で復帰を果たすことができたのですが、全快するまでにもう少し時間を要することになります。

ただ休養期間をボーっと過ごしていたわけではなく、『止まない雨』という小説を発表。そんな意外な一面を披露しながらも、この間にもう1つビッグニュースが舞い込んできました。

それは柳楽優弥が19歳の頃。彼は未成年で嫁をめとったのです。

相手は1つ年上のモデル豊田エリーということで、当時は衝撃的な話題として世間に上げられます。しかし、残念なことに本人はまだ休養中。

結果的に取材はもっぱら嫁の豊田エリーに集中することになります。それでも無事に明治神宮で挙式が執り行われ、その年の10月には子供が生まれて若干20歳でパパになった彼。

この歳で一家を背負うことになった柳楽優弥に対して、誰もが嫁と子供への責任から本格復帰すると思っていたのですが…この後、信じられない行動を取ってしまうのです。

 

子供が生まれてから社会勉強するダメ男?

th_スクリーンショット 2017-06-01 20.32.35

なんと子供が生まれた前後、柳楽優弥はアルバイトしていました。本人周辺は「役者修行のため」と言っていますが、洗車や飲食店でのアルバイトが修行になるのかは難しいところ…

大きな賞を獲った役者が陥りやすいスランプ、そして彼のアルバイト生活が噂されていました。

Sponsored Link

また、嫁の豊田エリーとの不仲説や離婚説までもが囁かれる中、22歳のときに厳しいことで有名な演出家・蜷川さんの元で演劇をイチから学習。

その結果、スランプから抜け出すきっかけを得ることができたようです。以降はコンスタントに役をこなしていき、今では存在感のある役者としてTVや舞台で再活躍しています。

苦しいときに支えてくれたのは他の誰でもなく、嫁の豊田エリー。そして心を癒してくれた子供のお蔭で立ち直れたのです。

現在は止めているものの、柳楽優弥のブログでは頻繁に嫁や子供のことをアップしていただけに当時の糧はやはり「家族」だったのでしょう。

 

柳楽優弥と豊田エリーの夫婦仲が良いワケ

th_スクリーンショット 2017-06-01 20.40.59

家族を愛してやまない柳楽優弥ですが、一方で嫁はこの状況をどう考えていたのか気になりませんか?

子供を授かってからもすぐに仕事を再開し、当時の家計を支えていたのは間違いなく豊田エリーでした。夫は暗いトンネルから抜け出す努力もせず、その日暮らしの洗車場でのバイト三昧だったと言います。

子供を抱えながらも先の見えない将来、その不安は相当なものだったはず…後年、豊田エリー自身が当時を振り返っています。

彼女いわく「結婚も早かったし、すぐ子供が欲しかったので授かったときはすごく嬉しくて、彼も跳び上がって喜んでいた」と前置きした上で、やはり当時の不安な気持ちも明かしています。

当時は若くて周囲に子供を持つ友人が少なかったことから、相談相手がいなかったこと。そして世間知らずの夫を持ったことで気持ち的にも追い込まれていたようです。

豊田エリーが仕事に出ている際は柳楽優弥が子供を看ていたのですが、収録中にも関わらず「おなかが空いたから、デリバリー頼んで」という着信が入ったトンデモな過去まで明かしています。

柳楽優弥と子供は東京の自宅で留守番、そして豊田エリーは仙台で収録中。どう考えても典型的なダメ夫だった彼ですが…

そんな状況から逃避するために洗車場や飲食店でバイトしていたのかもしれません。復帰を果たした23歳の頃、ブログで嫁と子供を連れてディズニーランドを楽しむ写真をアップしています。

混迷していた当時を支えてくれた良妻、そして子供のお蔭で現在の柳楽優弥があると言っても良いでしょう。こんな奥さんがいて羨ましい限りですし、柳楽優弥は今後も豊田エリーに頭が上がらないのでは…

夫が苦しんでいるときは「夫唱婦随」を貫き、復活の兆しを見つけると「欠点を指摘」してアドバイスまでくれる。まさに最高の嫁のおかげで個性派俳優としての地位を取り戻した柳楽優弥。

これからの活躍も期待していますので、良妻は裏切らないようにお願いします!

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ