永野芽郁、鼻が大きくてブスだと噂に!イケメン兄や高校時代の裏話も

th_スクリーンショット 2017-04-18 22.02.41

イケメン兄とのツーショットが話題の永野芽郁(ながのめい)。

「かわいい」という意見だけじゃなく「鼻が大きい」とのマイナスコメントまで溢れているのです。

当時は高校に通う乙女でしたが…なぜそんな厳しい声が出たのか?

さらに、イケメンで留学していた「兄との関係」まで報じられているので、これらの真相を突き止めてみました。

Sponsored Link

永野芽郁の高校生活ってどんな?

th_スクリーンショット 2017-04-18 22.00.26

ちょっと珍しい名前の永野芽郁。この名前は本名なので、ファンの間からは名付けた親のセンスが光っていると言われています。

まだ9歳だった永野芽郁は、東京の吉祥寺で関係者に声を掛けられて子役デビュー。その後は雑誌モデルなどを経て、あの人気CM「カルピスウォーター」でブレイクしたわけです。

CMのフレーズともかぶりますが「フレッシュ」な存在感が人気の秘訣と言われていて、健康的なイメージも魅力の彼女。

当時は私立高校に通う学生で、高校までは電車を使っていたそう。高校までの道のりでは「永野芽郁じゃない?」なんて声が聞こえてたかもしれませんが、ブレザーの制服を着て通っていたとのことです。

ちなみに高校では体育、特に1000m走が得意だったみたいですよ。学年1位の成績だったと公表しているだけに、スポーツはかなり得意だったのかもしれません。

 

永野芽郁は鼻がでかくてブス?兄との逸話も…

th_スクリーンショット 2017-04-18 22.00.56

そんな永野芽郁ですが、検索すると「」というワードが出てきます。何だか嫌な予感が…

実はこれ、「鼻が大きい」という顔のつくりから「鼻が可愛くない」という厳しい意見が寄せられた結果だったのです。

でも大多数は「可愛い」と言っているのに、なぜ「鼻が大きくてブス」というマイナス発言が流れているのか…?

Sponsored Link

ナチュラルな鼻で悪くない気もしますが、同性から揶揄されるのはどうも彼氏と噂される男性の存在が関係していたようです。

実は「ジャニーズの伊野尾が彼氏じゃないか」と噂されていて、それを裏付ける投稿をインスタの裏アカウントで発信して広がってしまい、騒ぎとなったわけです。

当然のごとく伊野尾ファンからは「鼻が○○」…と妬みコメントが出ましたが、全体的に彼女はウィークポイントがないために「鼻」だけがクローズアップされてしまった雰囲気です。

もう1つ、永野芽郁のワードで気になるのが「」。永野芽郁には3つ違いのお兄さんがいて、ネットなどで仲の良いツーショット姿を披露しています。

ちょっと前のやつですが「クリスマス、兄サンタ突然現る!」とクリスマスパーティーの後に寝ていたところ、突然お兄さんがサンタクロースの格好をして現れたところをアップしていたのです。

「仲がいいなぁ」と感心する反面、「兄妹そろってクリスマスが独り者って何なんだ?」って声もあったようで。

確かにイケメンのお兄さんがコスプレして、美人の妹にサプライズ!って意外に悲しい気もしますね…

 

留学中の兄と再会するも…名前が流出!

th_スクリーンショット 2017-04-18 22.10.49

実は永野芽郁のお兄さん。彼は2015年からアメリカ留学していて、5年間の留学期間は向こうで過ごすことになっていたようです。

つまり、2019年以降に帰国するまでは再会の予定がなかったということ。それが突然の帰国で、しかもサンタの格好ですからサンタショットをアップ出来たのかもしれません。

どちらにせよ、2人にとって嬉しいクリスマス休暇になったことに違いないでしょう。

ちなみに永野芽郁はモンスターズインク「サリー」の着ぐるみパジャマだったそうです。サンタにオモチャのプレゼントでもお願いしていたのでしょうか…

このアップされたお兄さんの写真。実は鮮明なものじゃなく、サンタ用の髭で顔が覆われていたことから、全体像で「イケメン!」と判断されたみたいです。

一般人なので名前は非公開のはずですが、留学時に一緒に撮った写真をよく見ると…サングラスにネームを入れていたせいで発覚!

永野芽郁のサングラスには自分の名前「MEI」とあって、お兄さんのサングラスには「Ryo○I」と書き込まれていることから、ファンの中では兄の名は「りょう○」ではないかと推測されています。

彼氏の噂も出てきて、芸能人的には「注目されている存在」として認められつつある永野芽郁。クリスマスを独りで過ごしてるようじゃまだまだ…

でもフリーだからこそ、今後の熱愛スクープには期待十分ですね。そんな仕事だけじゃなくプライベートにも目が離せない永野芽郁でした。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ