年俸泥棒!?松坂大輔、嫁と子供に捨てられた現在が悲惨…

th_スクリーンショット 2017-06-02 1.19.32

平成の怪物と言われ、鳴り物入りでプロ野球業界に進出してきた松坂大輔

2006年のシーズン中には西武ライオンズでプレイしたものの、オフにはポスティングシステムが行使されてレッドソックスへ移籍した彼。

さらに2013年にはインディアンスとマイナー契約を結びましたが、あまり日の目を見ないまま自由契約となってしまいます。

そして8月にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結んで活躍。が…わずか翌年の2014年12月には日本球団と3年・12億という超破格の契約でまたも移籍。

福岡ソフトバンクホークスと契約して入団を発表したのです。

渡米前は文句なしのスター選手だった松坂大輔ですが、向こうに渡ってからは怪我にも苦しめられてまさに波乱万丈な選手生活を送ってきましたが…

彼の私生活、そして嫁や子供はどうしているのでしょう?また、何かと批判の上がる年俸や現在の実態についても調査してみました!

Sponsored Link

松坂大輔は嫁と子供に捨てられた!?

th_スクリーンショット 2017-06-02 1.34.13

th_スクリーンショット 2017-06-02 1.21.35

松坂大輔の嫁と言えば、当時日本テレビの女子アナだった柴田倫世です。2人は2004年の暮れに結婚。

意外にも嫁との間に子供が3人もいて、2005〜2010年の間に女の子が2人、男の子を1人授かっています。

彼はメジャーリーグ行きが決まった際、嫁は一緒について行きましたが、日本復帰が決まった時は単身赴任を余儀なくされています。

と言うわけで、現在もボストンに住んでいる嫁と子供たち。「子供の教育」という名目で、松坂大輔には1人で日本に行って欲しかったとのこと。

また、元々嫁は日本での復帰には反対だったという噂です。子供の英才教育のためでしょうか?

子供には色々と習い事をさせていて、クラシックバレエなどに通わせているみたいです。さらにママ友の付き合いを優先させたのかは当人にしか分かりませんが…

結果、松坂大輔は1人で日本へ帰るハメになりました。何だか子供のためとはいえ、捨てられたみたいで可哀想ですよね。

これについてはネット上でも批判の声が上がっています。嫁とは本当に上手くいっているんでしょうか…かなり謎なところ。

日本で稼いだお金だけを送り続ける生活。何だか自由なようで、虚しく感じるのは私だけでしょうか?まあ嫁も嫁で、日本に帰ったら年俸の件なんかで変な噂が立つとか計算しているでしょう。

子供にそう言った批判が飛び火するのは教育上宜しくないですし、それを避ける意味ではアリなのかもしれませんが…

Sponsored Link

松坂大輔は活躍してないのにナゼ「年俸が高い」?

th_スクリーンショット 2017-06-02 1.16.02

2014年の12月から、3年間で12億という破格すぎる年俸で契約した松坂大輔。当然、2017年の年俸も単純計算で4億円

ただし年俸に見合った仕事をしているのかというと…これは言わずもがな、全く年俸に相応しい働きが出来ていません。

現在の松坂大輔と言えば、やはり「年俸泥棒」という噂が立っても仕方ない状況でしょう。

1軍登録を抹消されたりすれば誰だって「高い年俸を貰ってるくせに何やってんだ!」と思ってしまうのが常。

肩を壊してからは絶不調が続き、上手くストレートが投げられない状態なんでしょうか。ピッチャーは「肩」が命ですからね…

今シーズンの調子はどうなんでしょう。現在のピッチングを見るにもう全盛期の150㎞後半は出ないでしょうが、少しずつ良くなってるみたいではありますね。

今季こそ、年俸に恥じないプレーを見せてくれることを願います。

 

現在は激太りも解消!松坂大輔の今後

松坂大輔が2軍落ちしてから「激太りが半端じゃない」という噂が絶えませんでした。単身赴任の影響もあってか、栄養管理がきちんと出来ていないんでしょうか。

では、現在はどうなのか?現在は身体を絞り込んで、全盛期までとはいきませんが多少痩せてきてはいますね。

健康面をサポートしてくれるトレーナーでもついたのでしょうか。自力であの体型から絞るのは、結構難しいと思うんですが…

また、今後も1軍に上がってこれるかが心配です。現在までの成績だと上に行くのは正直かなり厳しいかと思われます。

それでも投球フォームを変えてみたり身体を絞れたことで、松坂大輔には自信がついて明るくなったなど…現在の調子はそれなりに良さそうですね。

最近は良い噂が多いですしストレートを投げられる日もやってくるかもしれません。

松坂大輔も1軍で投げて良からぬ囁きを払拭したいと心から望んでいるでしょうし、今季はその願望が叶うと良いですね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ