川谷絵音に惚れた彼女達…離婚した妻やMIWA、ほのかりんとの現在

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-21-29-22

ゲス極の川谷絵音。彼が妻と離婚した直後、新彼女「ほのかりん」との間に起きたトラブルは記憶に新しいでしょう。

見た目と違ってなかなか肉食系の彼ですが、元カノのベッキーや、大学時代の彼女と噂されるMIWAも含めた3人に「奇妙な関係性」があったことをご存知ですか?

今回は川谷絵音のゲスな伝説や、彼を取り巻く彼女たちについて見ていきます。

Sponsored Link

川谷絵音・ベッキーの熱愛が発覚後、妻は離婚を決意!

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-21-33-42

2016年早々、ゲス不倫で賑わった川谷絵音とベッキーの熱愛騒動。

もはや2人だけの問題ではなく、CMスポンサーへの補償や妻との離婚などなど…公私ともにトラブルや噂が絶えない1年でしたね。

そもそも熱愛報道によって、川谷絵音の「妻の存在」が明るみに出ただけでもスクープですが、この騒動の主役はあくまでも芸能界イチの「優等生」ベッキーでしょう。

そんなベッキーにも関わらず、記事の内容を認めずに、彼との関係を「友人」で通したことを火種に…第二、第三の文春砲がさく裂。結果、底なしの泥沼にハマってしまいました。

そして最悪だったのは、やはりベッキーの「LINE流出騒動」ですよね。

ありがとう、センテンス・スプリング!」と…誰が見てもヤバい状況なのに、ここでオープンな交際宣言をしてしまったのは非常にマズかったかと。

世間では「妻の気持ちを考えない自己中」「腹グロ女」との烙印を押され、あれよあれよと休業へと追い込まれました。

一方、この熱愛騒動の中で川谷絵音はと言うと、妻に離婚を願い出ていたとの噂です。彼も彼で、またヤバい方向に進んでいました。

自ら引き起こした熱愛騒動にも関わらず、妻によるLINE流出や週刊誌へのリークを疑い、なんと彼女を責め立てたのです。

何より、離婚してベッキーとの結婚を考えていた節が見え見えだっただけに、世間からの風当たりは相当なものでした…

結果的に、身重の妻は川谷絵音との離婚を決意して家を出たのです。

Sponsored Link

川谷絵音の離婚後!新彼女「ほのかりん」とのスキャンダルが致命傷に…

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-21-40-47

彼の子を身ごもっていた妻に、離婚を決意させたベッキー。

とは言え、悪女イメージの定着と長期自粛からは抜け出せず…彼女は実に5億から8億とも言われる巨額の賠償請求によって、所属先の事務所は壊滅的なダメージを受けることになりました。

ただしベッキー側は、妻の存在を秘密にされたことで不倫の烙印を押されたことに納得がいかず、川谷絵音に賠償金の半額を請求。

が、なんと彼はベッキーとの別れを決めた代わりに支払いを拒否したのです。

ここで潮目は変わり、ベッキーから川谷絵音へと批判が移りました。さらに彼は、すぐに新しい彼女「ほのかりん」と付き合い出したことで、ベッキーとの関係を過去のものとしたのです。

卒論相手だったベッキーとは既に終了、妻とも離婚して自由の身になったことで、ようやく次の彼女と付き合えるはず…!だったのですが、なんと次は「ほのかりん」の未成年スキャンダルに見舞われたのです。

本当にどこまで世間を騒がせれば気が済むのか…「ほのかりん」はスキャンダルが明るみに出たことで、NHKのレギュラー出演が一瞬でパーに。

もはや巷では「ゲスノートの呪い」とまで揶揄され、ついには自身もバンド活動を自粛する運びとなりました。川谷絵音の呪い、恐ろしいですね。

 

元妻やベッキーだけじゃない…MIWAとの過去も明らかに

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-21-49-59

既婚を口止めした身重の妻とは離婚、実家に連れて行って結婚目前と称されたベッキーとは離別。さらに新しい彼女「ほのかりん」とはトラブルを引き起こして、結果的にバンド活動もストップ…

と、ここで騒がれたのが、彼の「元カノ」だったとされるシンガーソングライターのMIWA

彼女が注目を浴びたところで、川谷絵音に惚れた彼女たちには「何らかの共通点があるのでは?」と噂が立ったのです。

結果的に、川谷絵音とMIWAに交際歴はありませんでしたが、当時はまだ箸にも棒にも掛からない学生バンドだった彼。

そんな川谷絵音が、過去に人気シンガーだったMIWAを強くバッシングしていた時期がありました。Twitterによってそれが発覚した当時はかなり憶測を呼びましたが、この批判は川谷絵音の一方的な「好意の裏返し」だったことが読み取れます。

おそらく叶わぬ片思いの反動が、なんとMIWAにそっくりな「ほのかりん」に繋がったとの噂です。

結婚を秘密にしてまで川谷絵音をサポートした妻、芸能界を捨ててまで彼との結婚を望んだベッキー、昔の想い人・MIWA似が高じて付き合った「ほのかりん」…

みんな、自分から進んで川谷絵音のために尽くしたようですが…彼には本当にそんな価値があったのでしょうか?

とは言え、彼の音楽に惚れ込むファンが多いのは事実ですので、これまでの事は大いに反省して今後に繋げて欲しいと思います。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ