今も昔もドロドロ!? 久保ユリカの黒歴史や南條愛乃との関係が噂に

th_スクリーンショット 2017-04-18 15.46.34

ラブライブで活躍した久保ユリカと南條愛乃

モデルとアイドルの経歴を併せ持った久保ユリカですが、彼女は「ライブ声優」としても知られる存在です。

同じく彼女の相方とまで称される、歌手の南條愛乃とは仲の良さが際立っています。

しかし、この人物には黒歴史があると言われているそうですが…一体どういうことなのか?

Sponsored Link

そもそも、久保ユリカと南條愛乃って何者?

そもそも、久保ユリカって誰?と思う人もいるかもしれません。彼女は「ラブライブ」の「小泉花陽」役で人気となった声優。

特にライブでは、自己紹介で「だれか助けてー」って小泉花陽調で問いかけた後、会場からの「ちょっと待ってて〜」の返しでおなじみです。そんなラブライブ声優として、知る人ぞ知る久保ユリカですが…

その他にスクールアイドル「μ’s(ミューズ)」のメンバーで歌手としても参加。アニメの声優やラジオのパーソナリティなど露出度を増しています。

そして、もう一方の南條愛乃ですが。まず名前の呼び名からご紹介します。「愛乃=よしの」と呼び、「あいの」ではないのでご注意を!

th_スクリーンショット 2017-04-18 15.48.10

南條愛乃はもともと「fripSide」というアイドルグループのボーカルをしており、久保ユリカと同じく「ラブライブ」に出演することになったのです。

南條愛乃は「絢瀬絵里」役で人気を博しましたが、もともとアニソンでも有名だったため、ファンからは登場と同時に「キター!」っと喜びの声が上がった模様。

ライブでは彼女が「賢い可愛いぃ?」と問いかけ、会場からは役名で「エリーチカ〜!」と返す光景がよく知られています。

 

2人は何故あんなに仲が良い?

th_スクリーンショット 2017-04-18 15.49.55

そんな2人の仲が良すぎるとの噂が、ファンの間で注目されたのです。

南條愛乃と久保ユリカ、共にファンとの交流を目的にツイッターを使っていますが、どうもこの2人の場合。ファンとの繋がりと言うよりも、互いにひたすらつぶやき合ってしまうことが多々あるようです…

Sponsored Link

ちなみに彼女らは芸能界でのスタート地点は全く違いますし、当初はお互いにリスペクトするような間柄ではなかったようです。

たしかに南條愛乃は、アニメ界である程度歌手としての地位を築いていた一方、久保ユリカはアイドルという別の舞台で活動してましたしね。

そんな畑の違いからか、お互いを声優として意識する間柄ではありませんでした。そしてメンバーは2人だけじゃなく、他にもたくさんの仲間で構成されていたわけです。

南條愛乃はアニソン歌手だったこともあって、ある程度は業界にパイプを持ち友人や知り合いも多かったことから、他のメンバーからも頼りにされる存在だったとのこと。

ただし、一方の久保ユリカ。彼女はモデル出身ということもあって、周囲には知り合いもいませんでした。

しかも1人でスマホをいじっていることが多い、典型的な「ぼっち」だったわけです。そこに手を差し伸べたのが南條愛乃だったことから、一気に2人の仲は親密になっていったのです。

 

久保ユリカの「黒歴史」を振り払った南條愛乃

th_スクリーンショット 2017-04-18 16.01.27

業界では「姉妹」のような関係とまで思われている、久保ユリカと南條愛乃。とは言え、さすがにプライベートを出しまくったことでファンの間でも様々な疑問が上がっていたようです。

ちなみに、久保ユリカが孤独にスマホをいじっていた理由。それは1人が好きだったからじゃなく、芸能界の面倒臭い人間関係が嫌で必要以上に接したくなかったからだそう…

具体的な内容は不明ですが、13歳でデビューして以降、厳しい局面も多々あったとのこと。

意にそぐわない際どい仕事もさせられたようで、そんな動画や画像などの黒歴史がさらされて酷い目にあったと明かした久保ユリカ。

このラブライブの仕事で人気が出てきた際、またしてもその黒歴史が表に出てきて悩んでいたとのこと。そんな時、助けてくれたのが南條愛乃だったのです。

ナゼか人気が出ない芸能人によくありそうな黒歴史ですが、実際に背負いこんでいる人は少なくないのかもしれません。

そんな辛い時期に「久保ユリカは私が守る!」的な行動を取った南條愛乃と信頼関係になったのだと推測されます。今ではお泊りは普通で、お互いの家族が公認…

普通に捉えれば「あっち系の熱愛疑惑」とすら疑ってしまいそうですが、2人のエピソードを知るファンの間では「なんだか楽しそう」と好意的に近況を受け取られている模様。

端から見ればキラびやかな芸能界ですが…一旦黒歴史が掘り起こされてしまうと、浮かび上がるのは至難の業。

そんな黒歴史をモノともせずに振り払っていく2人の活躍を、これからも見ていきたいと思います!

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ