【ゲス不倫】布袋寅泰と元妻・山下久美子は今井美樹の略奪愛で離婚?

th_スクリーンショット 2017-05-30 18.26.22

一世を風靡した伝説のバンド「BOOWY」で身長の高さが際立つ布袋寅泰

前妻の山下久美子に見出されてギタリストとして確固たる地位を築いた彼ですが、今井美樹との不倫を経て離婚することに…

が、そんな「離婚劇」の裏には今井美樹による秘めた想いが隠されていたようです。

Sponsored Link

布袋寅泰は元妻のバックダンサーとして活躍!

th_スクリーンショット 2017-05-30 18.32.27

七福神の布袋(ほてい)という有難い名前のギタリスト「布袋寅泰」。神様の方は丸々と太った太鼓腹ですが、布袋寅泰と言えば高い身長と強面がトレードマークですよね。

彼が有名ミュージシャンの仲間入りを果たしたのは氷室恭介と組んだバンド「BOOWY」が大成功してから。

4人のメンバーの中でも抜きん出た身長はインパクトが強く、当時は公称187cmもある身長の歌い手がいなかったことから歌やギター以上にその身長が目に留まる存在でした。

また、

カッコいいけど二枚目ではない

そう思ったファンも少なくないことでしょう。

それでもバンド仲間からはギター奏者として憧れの存在だったようで、当時人気絶頂のボーカルリスト「山下久美子」のバックバンドとして参加。その後めでたくゴールインとなったわけです。

アイドル枠であれば事務所から反対されたでしょうが、ロック界では「お幸せに〜」という感じでみんなから祝福もされ、初めて幸せな家庭を持つことになりました。

と言うのも、布袋寅泰の実家はちょっと複雑な環境。決して良い条件で育ったわけではありませんでした。

 

夫の不倫劇…妻の山下久美子が相談した相手は今井美樹

th_スクリーンショット 2017-05-30 18.46.20

布袋寅泰の父親は韓国にも家庭を持つ韓国人。

母親はアイヌ系日本人とロシア人のハーフ、しかも夜の店のママとして不在だったことから周囲の偏見と家庭内の孤独を味わって育ったようです。

それだけに妻・山下久美子との生活では安らぎの場を期待したものの、山下久美子は超多忙。結果として別の女性の元へと走ることになりますが、これを世の中では「不倫」と呼びます…

Sponsored Link

ただ布袋寅泰の場合、本人以上に相手の女性が熱を上げてしまうらしく…彼に妻がいることを知っていても平気で不倫を仕掛けられるようです。

スクープされた有名どころでは、なんと安倍総理の妻「アッキー」こと昭恵夫人。深夜を回りそうな時間から南青山の某店で布袋寅泰と落ち合っていたのです。

彼、呼び出しちゃった」と周囲に伝えて、布袋寅泰が店に入った途端抱きついたとのこと。かなり濃密な雰囲気にお付きの人達は「マズい」と感じたそう。

最終的には総理夫人に帯同しているSPが連れて帰ったと報じられており、一線を超えることはなかった模様…

そんなモテモテの布袋寅泰ですが、実は現在の妻・今井美樹とは不倫を経て山下久美子との離婚に発展。そして「略奪愛」と囁かれることになりました。

 

今井美樹の『PRIDE』は不倫の歌だった!?

前年に離婚した妻・山下久美子のときと同じように、当時の今井美樹も超売れっ子のシンガーソングライターでした。

前回は周囲から祝福された布袋寅泰ですが…

今回は不倫からの略奪婚という構図に加え、さらにこの前妻と現妻は「親友同士だった」こともあり、今風に言えば「ゲスの極み」的な扱いになってしまいました。

山下久美子は夫の布袋寅泰に愛人ができたことに悩み、当時友達として話を聞いていたのが現妻の今井美樹だったとのこと。

そして、この時期に今井美樹が出した『PRIDE』の歌詞が「あなたへの愛こそが私のプライド」だったのは偶然ではなかったようです。

その後、今井美樹は子供を授かり夫妻でロンドンに移住。

最初こそ落ち着いた環境で子育てをしていましたが、因果応報というか夫は総理夫人と週刊誌ネタになるし子供は不登校になったりと…散々な状態だったそう。

ちなみに、山下久美子は大分県出身。さらに今井美樹は宮崎県出身とどちらも気の強い「九州女」だったんですね…

強面だけど気弱な布袋寅泰にはピッタリの女性だったのかもしれません。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ